11月の活動報告

研究業績

論文

Shahrier S, Gaydarska H, Takashima K, Yoshizawa G, Minari J. A conceptual analysis of public opinion regarding genome research in Japan. Frontiers in Genetics. 2023; DOI: 10.3389/fgene.2023.1170794.

Ikka T, Hatta T, Saito Y, Fujita M. Does the act on the safety of regenerative medicine in Japan ensure “safety”?: Implications of low adverse event reporting. Stem Cell Reports. 2023; DOI: 10.1016/j.stemcr.2023.10.012.

研究発表 

国際学会等
[口頭発表]
Minari J, Takashima K, Gaydarska H. Ethical considerations on scientific knowledge sharing and regulations in the context of emerging biomedical research. 4S 2023 Honolulu, Hawaii, November 10, 2023.

Takashima K, Gaydarska H, Minari J. The relationship between the number of research ethics committees and the quality of reviews. 4S 2023 Honolulu, Hawaii, November 10, 2023.

Gaydarska H, Takashima K, Minari J. Meaning of ‘freedom’ and ‘equity’ in the biomedical and healthcare context. 4S 2023 Honolulu, Hawaii, November 8, 2023.

 

教育・講演活動

他大学等での講義

赤塚京子
2023年11月28日
阪南大学
教養総合講座b
『iPS細胞を知っていますか』


招待講演等

藤田みさお
2023年11月6日
医療過誤問題研究会
令和5年度会員研修
『再生医療の治療と研究はどう違うのか?』

2023年11月2日
茨城県立水戸第一高等学校・附属中学校
『いっしょに考えよう!iPS細胞研究と生命倫理-どこまで進めていいの?-』

三成寿作
2023年11月27日
パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築
ELSIカタルシル
『学術における隙間領域の開拓』(web)